肝臓の動きなどについて学んでいました

肝臓などについて授業しました。肝臓の効能の1つ目は高温の生起だ。物の解体・合成を活発に行うので、筋肉についで多くの高温を発生します。こういう熱は、体内の発熱容積のうちの12%にあたります。2つ目は、毒消しだ。有害な物を無害なものにします。3つ目は、古めかしい赤血球の解体だ。ひ臓も行われます。静脈は、ふつう細い血管がだんだんとによって集まって分厚くなり、心臓にもどります。ただし、肝臓やじん臓などでは又もや枝分かれして毛細血管を形作ります。こうしたものを門パルスといいます。総肝管は、肝臓でつくられた胆汁が胆のうへ流れます。肝動脈は、酸素を大方ふくむ血が流れます。門パルスは、栄養素を吸収した咀嚼管からの血が肝臓に送られます。肝静脈は、肝臓で各種化学加工をされた血が、心臓にもどります。このようなことを覚えましたが、知らない時の方が多かったので勉強して良かったなと思いました。瞬間があれば復習目指すだ。

特典にも看板!紫陽花の素敵な花言葉

今どきごみごみしてきたので、ラックの器の内側を片付けていたら、折り紙を見つけました。
思い出深い〜。
昔は可愛く折り紙で紫陽花の花を折っていたものです。

些か出来事に浸っていたら、紫陽花の花言葉を思い出しました。
紫陽花の花言葉は「移り気」。
適切、花のトーンが場所によって繋がるからと聞いた覚えがあります。
紫陽花はきれいで好きだったのですが、その花言葉を知ってからは何だか素直に好きと思えなくなっていました。
紫陽花にはスイマセンんですけど。

しかし、今どき贈り物に紫陽花が人気のようで、お仕事場でも様々な範疇の紫陽花を見かけます。
贈り物には向かなそうなのに何故だろうと思って、花言葉を調べてみました。
そうしたら、たくさんの花言葉が出てきました。
「移り気」は勿論、「非情」「傲慢」といった決して良い意味ではないものもありました。
でも、「元気な女」「寛容」「謙虚」「家事集い、親子のくっつき」など、望ましい目論見も同じくらい出てきました!

「家事集い」や「元気な女」などは親子や女への贈り物に良いですね。
こんな素敵な意味があるなら、贈り物として人気があるのも納得です。
今後は贈り物に紫陽花もバリエーションに入れておこうと思います。