推しアイドルの秋葉原のオフ会に参加した話

先日、秋葉原でおさんぽメイドサービスをしており、アイドル活動をしている子のオフ会があるので、秋葉原に行ってきました。アイドルといってもAKB48などのようにマスメディアでの活動はしておらず、SHOWROOMやTwitterで活動しています。オフ会も、ライブや握手会よりもファンと本人の距離が近く、ほとんど普通にお話できるようなものでした。まずはFM AKIHABARAでラジオ配信をし、その後ファンの中からSHOWROOMでの貢献が多かった人のリクエスト曲をミニライブで歌い、お話タイム。アイドル本人に久しぶりに会えて、とてもかわいい女の子との交流を楽しめたのと、Twitterで交流していたファンと会えたのもよかったです!ファンの方たちとは今後、一緒にイベント参加したり友達感覚でやっていけそうな感じです。またライブでは、人生で初めてサイリウムを振りました(笑)いわゆるライブアイドルで、アイドルの子本人が自分のことを覚えてくれるので、個人レベルで活動しているアイドルとの「推し」交流はオススメです!

ラーメン屋様で感じた被災ことをおもう優しさ

すでに大方レポートでは熊本地震に関連した物をニュースしなくなりました。
死者の方々はそっとしておいてほしいモチベーションもあるでしょうしそれはそれで悪いことではありませんが、熊本地震に対しての援助が忘れ去られていくのではないかとも懸念してしまう。
ぼくは死者ではありませんが、熊本で今も不便なくらしを強いられてあるほうが沢山いることを忘れてはいません。
でも皆は忘れてしまって要る気がするのです。
熊本に住んでいる人でも地震のことをブームに取り止める輩もいるくらいだ。
東日本震災の時と違って話題にされなくなるのがあまりにも早過ぎるような気がします。
このままでは風化が進んでしまうのではないでしょうか。
そんな中幾らか嬉しいなと受け取ることもありました。
最近ラーメン屋に行ったらレジお隣の所に熊本地震の募金器が設置されていたのです。
私の出身では地震の発生した4月収の寸法、単にはじめウィークくらいしか募金器を設置していない店も多かったです。
そんな中地震からしばし時間が経過しても募金器を置いているラーメン屋氏に優しさを感じました。
当然募金したのはいうまでもありません。